フェリー「旭洋丸」の乗客1人が行方不明

5月15日、広島を出発して愛媛県の松山に到着したフェリーで、乗客1人が行方不明になっているという。松山海上保安部によると、15日午後8時ころ、「広島から呉を経由して松山に入港したフェリーから乗客が1人いなくなっている」と、運航会社から通報があった。

愛媛県の松山観光港に、フェリー「旭洋丸」が到着し、下船する乗客を数える際、乗船した人数よりも1人少なかったことから判明した。船内の監視カメラを確認したところ、行方が分からなくなった乗客は男性とみられ、船内には灰色のリュックと紺色の帽子が残されていたという。

松山海上保安部は行方不明者の身元の確認を急ぐとともに、転落した可能性もあるとみて、周辺の海域を捜索しているが、これまでのところ手がかりは見つかっていないという。(RCC)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ