NHK「ラウンドちゅうごく」人も企業も広島から去っていく

5月15日夜7時30分から、NHKのラウンドちゅうごく「転出超過ワーストからの脱却~人・企業を呼び戻せ!~」と題して放送されていた。転出超過で全国47都道府県のワースト1位になった広島県だが、中国地方全体でも若者や企業の流出が相次いでおり、地元にとどまってもらうには何をすべきかを専門家と考える、というもの。

つまり、人も企業も広島という地と人間性に魅力がなくなった、と烙印を押されたのだ。

番組のおよその内容は、まず、呉の製鉄所が閉鎖になり、新生銀行広島支店が7月に閉鎖になり・・・。さらにベンチャー企業が広島に拠点を構えたが、教育現場へのシステムの導入のハードルが高く、悩んでいたところ、ある会合で隣に座っていた福岡県知事と意気投合し、拠点を福岡に移したとか。福岡は経済特区だったことが決め手になったらしい。

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

被爆者三世で人並みに仕事をしなくても首にならない。
部落で差別されたと言ったら、空から仕事が降ってくる。
まともな人間が、仕事をしたくなる世の中になれば、広島の人口も増えるんじゃないでしょうか?

2020/05/15 (Fri) 21:50 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ