河井克行氏(広島3区)がいよいよ立件される模様

自民党の河井案里参院議員(46)=広島選挙区=が初当選した20年7月の参院選を巡り、夫で前法相の克行衆院議員(57)=自民、広島3区=が地元議員らに現金を配ったとして、検察当局が公選法違反(買収)の疑いで克行氏を立件する方針を固めたという。案里氏の立件も慎重に検討するという。配った総額は1千万円前後に上る可能性があるという。

競合候補で自民党現職だった溝手顕正元国家公安委員長の強固な地盤を切り崩すため、公示前に党本部から案里氏側に提供された1億5千万円を使い、広範囲に買収行為をした疑いがあるとみている。(共同)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ