呉海上自衛官の男が岩国市と廿日市市でわいせつ行為に及んで逮捕される

山口県内の路上で、女性にわいせつな行為をしたとして逮捕・起訴されていた海上自衛隊呉基地に所属する自衛官の33歳の男が、6年前に廿日市市の路上でも女子高校生の上半身を触るなどしていたとして5月11日、警察に逮捕された。逮捕されたのは、海上自衛隊呉基地に所属する3等海曹の永浦真貴容疑者(33)。

警察によると、永浦容疑者は、6年前の平成26年1月、廿日市市の路上で帰宅途中の女子高校生に対し、背後から抱きついて上半身を触るなどしたとして、強制わいせつの疑いがもたれている。

永浦容疑者は、去年6月と平成27年にも山口県岩国市の路上で女性にわいせつな行為をしたなどとして逮捕・起訴され、山口県内で勾留されていた。

余罪の捜査で、今回の容疑が明らかになったことから、11日に身柄が廿日市警察署に移され、逮捕された。永浦容疑者は、容疑を認めているという。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ