福山市で自転車の男が3歳の女の子をはねる

福山市で3歳の女の子がケガをした自転車によるひき逃げ事件で、5月8日、30代の男が尾道市内の交番に出頭したという。5月2日、福山市神村町で祖父と散歩をしていた姉妹が自転車にはねられ、3歳の女の子が倒れた。自転車はそのまま逃走した。

警察はひき逃げ事件として捜査していたが、8日午後5時前、尾道市内の交番に30代の男が出頭。「自分がやりました」という趣旨の話をしているという。警察は男から事情を聞いている。(HOME)


女児、後頭部に1週間のけが

広島県尾道市のアルバイト・安保祐介容疑者は2日、福山市の路上で3歳の女の子を自転車ではねてけがをさせ、そのまま逃げた疑い。はねられた際に女の子は転倒し、後頭部に全治約1週間のけがをした。安保容疑者は8日、尾道市内の交番に出頭していた。安保容疑者は当時、勤務先から帰宅する途中だったという。(ANN)



福山市神村町 自転車ひき逃げ


福山市神村町 自転車ひき逃げ


安保祐介容疑者(35)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ