熊野町の県道34号でバイクの男性が縁石に接触して転倒、道路下に転落して死亡

5月7日夕方、安芸郡熊野町の県道でバイクの転倒事故があり、運転していた男性会社員が道路下に転落し死亡した。事故があったのは、安芸郡熊野町出来庭の県道34号。7日午後5時50分頃、西に向かって進んでいた中型バイクが道路の縁石に接触し転倒した。バイクを運転していた呉市の会社員井川聖さん(53)がガードレールの隙間を越え、約2メートル下の地面に転落した。井川さんは病院に運ばれたが死亡した。現場は、見通しの良いゆるやかなカーブで警察が事故の原因を調べている。(広島テレビ)




熊野町 県道34号 事故

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ