知人の首を締めて殺害した安佐北区の男を逮捕

5月6日、広島市安佐北区のリフォーム工事中の住宅で、知人の49歳の女性の首を絞めて殺害したとして、47歳の会社員の男が殺人の疑いで警察に逮捕された。逮捕されたのは、広島市安佐北区安佐町の会社員、小田浩幸容疑者(47)。

警察の調べによると、小田容疑者は5月初めごろ、広島市安佐北区白木町のリフォーム工事中の住宅で、知人で安佐北区亀崎に住むアルバイトの斉藤夢羽さん(49)の首を手で締めて殺害したとして、殺人の疑いが持たれている。

この住宅は斉藤さんの所有で、5月5日、住宅内で斉藤さんが死亡しているのを訪れた息子が見つけたという。通報を受けた警察が斉藤さんの交友関係を調べるなかで知人の小田容疑者に事情を聴いたところ、殺害をほのめかしたため逮捕状を取り逮捕した。

調べに対し小田容疑者は「私が殺害したことに間違いありません」と容疑を認めているということで、警察は動機など犯行の詳しいいきさつを捜査している。(NHK広島)


交際していた

県警によると、2人は交際中だったとみられ、この家屋は斉藤さんが購入し、リフォーム中だった。斉藤さんは1人暮らしで、5月1日を最後に家族が連絡を取れなかったため、斉藤さんの長男が5日夜にこの家屋を訪問。室内の床にあおむけに倒れている斉藤さんを発見し110番した。

殺人容疑で逮捕された小田浩幸容疑者は安佐北区安佐町飯室に暮らし、住宅リフォームを手掛ける会社に勤めているという。(中国)



広島市安佐北区 知人殺人


小田浩幸容疑者


小田浩幸容疑者 逮捕、送検


関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
元大竹住民  

わぁ~、もろ朝鮮人顔( `ー´)ノ

2020/05/08 (Fri) 00:44 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ