Xiaomi(シャオミ)が公開したプロモーションビデオに原爆動画

2019年に日本市場に参入した中国のスマートフォンメーカー・Xiaomi(シャオミ)が公開したプロモーションビデオに、原爆を揶揄する表現が含まれているという。Xiaomiはその後、「配慮に欠ける内容」だったとする謝罪文を掲載した。

問題映像は、Xiaomiが新たにグローバル市場に投入するスマホ「Redmi note 9」シリーズのプロモーション動画。

高速充電機能を紹介する部分で、白人男性が寿司のようなものを食べると体が風船のように膨らんでいき、屋根を突き破り空に浮かんでいく。

その後、男性が爆発するとアメコミのような画面に変わり、ヒョウが地面を駆け抜けると、キノコ雲のようなものが上がり「FAST CHARGE」と画面に表示される、というもの。

こうした演出に対し、ネットでは一部のユーザーから、風船のように膨らんだ男性が「ファットマン(長崎に落とされた原爆)」の暗喩ではないかといった声や、キノコ雲を想起させる画面に不快感を呈するコメントもあがった。

この動画は現在、見ることができない状態になっている。

Xiaomiは2010年に雷軍(れい・じゅん)CEOらが北京で設立。2019年末には日本市場に進出し、スマホの「mi note 10」やスマートバンド、それに炊飯器などを投入していた。

Xiaomiは5月6日、公式Twitterに謝罪文を掲載。「配慮が欠けていた」と陳謝したうえで、「世界中のユーザーおよびあらゆる文化を尊重しています」と釈明した。(HUFFPOST)




Xiaomi シャオミ爆CM

Xiaomi シャオミ原爆CM2

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ