医療従事者への差別・偏見が多発、陰湿な広島県民性が炸裂!

広島県内で新型コロナウイルスの感染患者に対応する医療従事者への不当な差別や誹謗中傷が深刻だという。

感染者を受け入れている広島県内の総合病院では、夜勤を終えた女性看護師が帰ろうと外に出ると、声が聞こえてきたという。「ここにコロナ患者が入院しとるらしい。ウイルスばらまかんでほしいわ」。病棟を指す男女2人の会話。マスク越しだが嫌悪感に満ちた表情が分かった。

その女性看護師が院内から出てくるのが見えたのか、男女はすれ違いざまに距離を取った。「怖いものを見るような視線がショックで・・・。行き場のない思いをこらえて日々奮闘している仲間を思うとやりきれない」。悲しかったが反論はできず、足早に立ち去った。

全国の病院職員らでつくる「日本医労連」が4月に行った実態調査では「職員への差別的対応・ハラスメントがある」との回答が多数あった。広島県内の病院の労働組合にも、現場の苦悩が寄せられている。

「感染者が使ったリネン類や看護師の白衣を洗ってくれる業者が見つからない」「子どもを預ける保育園や勤務先を知っている近所の人の目が怖い」。

感染者を担当する看護師が他の職員から露骨に避けられたり、エレベーターに同乗するのを嫌がられたりする院内の偏見もあった。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ