河井前法相が雇用した運転手に平手打ち&暴言&割増賃金不払い&突然解雇

自民党の河井案里参院議員(46)=広島選挙区=の19年夏参院選前に、夫の克行前法相(57)=自民、衆院広島3区=から雇われた男性が、運転手として働いたが深夜の割増賃金が支払われず、選挙後に突然解雇されたと証言したという。労働基準法や労働契約法に違反する疑いがあり、さらに勤務中、暴言を吐かれたり、平手打ちをされたりしたという。

男性は民間企業で総合職の経験があり、無期雇用を念頭に転職。「選挙のための駒として使い捨てられた。家族を養っているのにパワハラや生活不安で生きるのが嫌になり、一時は命を絶とうと思った」と話したという。(共同)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ