広島市「見真学園」が新型コロナクラスターで新たに18人が感染、県内合計108人

4月15日、新型コロナウイルスのクラスター感染が確認された広島市佐伯区の障害者支援施設で、新たに入所者 11人と職員 7人の18人 の感染が確認された。これで同施設での感染は、入所者28人、職員12人のあわせて40人となった。

この施設は、広島市佐伯区にある障害者支援施設「見真学園」で、4月14日に20代の女性職員と同僚の職員、入所者のあわせて22人の感染が確認された。

広島市は、他にも濃厚接触者がいるとして、90人程度の検査を行っていたが、4月15日朝、新たに入所者11人、職員7人の、あわせて18人の感染を確認したと発表した。

これで広島県内の感染者数は100人の大台を超え、108人となった。このほか、広島県内では、三次市の高齢者介護福祉施設でもクラスター感染が発生していて、これまでに施設に関連する32人の感染が確認されている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 2件

コメントはまだありません
名無しさん  

やたら「施設の方が積極的に協力してくださっている」と言いまくるのが気持ち悪い

2020/04/15 (Wed) 16:46 | 編集 | 返信 |   
名無しさん  

職員さんと会食をした大学生はなぜ最初に嘘をついたのか。
(同じ大学の友人と3人で会食をしたと。実際は他にも13人いた。)

闇バイトでテ●請け負いを疑われても仕方がないぞ。

2020/04/15 (Wed) 16:44 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ