呉市天応町のJR呉線で85歳の爺さんと列車が衝突

4月14日朝、呉市天応町のJR呉線で、男性が列車にはねられ死亡する事故があった。14日午前10時40分ごろ、JR呉線の呉ポートピア駅ー小屋浦駅の間で、線路内にいた山下稔さん(85)が呉行きの列車と衝突した。山下さんは頭を強く打ち呉市内の病院に搬送されたが、約1時間後に死亡が確認された。乗客17人にケガはなかった。

事故の影響でJR呉線の呉駅と海田市駅間の上下線で2時間ほど運転が見合され、約千人に影響が出たという。警察は山下さんが踏切のない線路を歩いて渡っていたとみて、事故の原因を調べている。(HOME)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ