広島市立大の学生が同大生から新型コロナをうつされる、県内合計33人

4月11日、広島市は中区に住む20代の男子大学生が新たに新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した、さらに福山市でも2人の感染が確認された。

広島市は記者会見を開き、広島市中区に住む広島市立大学の20代の男子学生が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。

この男子学生は、4月9日、感染が確認された同じ大学の男子学生の濃厚接触者7人のうちの1人で、4月5日から6日にかけてけん怠感や頭痛、それに首の痛みがあったという。

10日、検査した結果、感染が確認され、市内の指定医療機関に入院したが、症状は安定しているという。

一方、この男子学生以外の6人の濃厚接触者についてはいずれも陰性だったという。この男子学生は9日、感染が確認された学生と3月29日に飲食を共にしているという。

さらに福山市は、新たに2人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。

これで広島県内で感染が確認されたのは、33人となった。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 2件

コメントはまだありません
名無しさん  

首の痛みとは?
リンパ腺ではなくて首???

身内が一昨日、首が痛いと言ったので
どんな痛みのことなのか気になって仕方がない。

2020/04/12 (Sun) 03:00 | 編集 | 返信 |   
名無しさん  

https://news.rcc.jp/archive.php?i=5245#a

三次で感染者大量増加

2020/04/11 (Sat) 23:12 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ