三次市で訪問介護サービスを受けていた80代女性が新型コロナに感染、県内25人目

三次市で新たに80代の女性が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたという。4月3日に咳などの症状がでて回復しなかったことから9日にPCR検査行い陽性が判明した。女性は現在、県内の医療機関に入院していて、意識はあるものの重症だという。女性は発症後も訪問の介護サービスを受けていたということで、県が濃厚接触者について調べている。

また、8日に三次市で初めて感染が確認された80代の女性も発症前に訪問介護サービスを受けていたという。県はこの介護サービスの関係者5人に対してもPCR検査を行う予定。これで県内の感染者は25人となった。(HOME)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ