安芸太田町長が突然辞表を提出 河井マネーが原因

自民党の河井案里参院議員(46)=広島選挙区=が初当選した19年7月の参院選を巡り、案里氏が2人目の自民党候補として公認された後、夫の克行前法相(57)=自民、衆院広島3区=から現金20万円が入った封筒を受け取った広島県安芸太田町の小坂真治町長は4月7日、町議会に辞表を提出したという。

小坂町長によると、19年4月下旬ごろ、自宅を訪れた克行氏から封筒を渡され、一度は受け取りを拒否したが、押し問答の末に受け取った。中身は確認しなかった。広島地検の任意聴取の有無に関しては「ノーコメント」としていた。(共同)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ