福山市の50代会社員が大阪出張でクラブで飲んだら新型コロナに感染、県内15人目

4月4日、福山市は市内在住の50代の男性会社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。男性は3月27日、1泊2日の日程で大阪市を出張で訪れ、夜に繁華街のクラブを利用したという。

3月31日に38℃以上の発熱や全身の倦怠感などがあり、4月3日、医療機関を受診し、PCR検査をしたところ4日夜、陽性反応が出たという。

男性は福山市内の感染症指定医療機関に入院しているが、状態は安定しているという。今のところ濃厚接触者は妻と子どもの2人で、5日にPCR検査を行う予定。

これで県内の感染者は15人となった。(HOME)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ