かつての天敵、河井案里・克行夫妻を攻め続ける湯崎知事

自民・河井夫妻が昨年の参院選で、広島県内の首長たちにも金銭を配って票集めをしたなどとされる問題で、広島地検から任意聴取されていることについて、3月31日の定例会見で湯崎知事は、「自身への検察の任意聴取はなかった」と明言した。その上で、聴取の対象が複数の自治体トップにまで広がったことについて、「聴取の内容や目的がわからないのでコメントは控えたい」としながらも、河井夫妻の説明責任について次のように話した。

「全体としてはですね、これは河井両議員を起点にさまざまなことが報道されているということでございまして、これについて早急に事実関係が明らかになるようにお2人が説明をされるべきではないかというふうに考えますし。」(湯崎英彦知事)

また、案里氏が、秘書の起訴を受けて「裁判の行方を注視したい」とコメントしたことについて、湯崎知事は「知事としてではなく、政治家の立場で」と前置きしつつ、次のように疑問を呈した。

「裁判を注視していきたいというのは、ちょっと他人事のように聞こえますし。」(湯崎英彦知事)(RCC)




湯崎知事 河井夫妻

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ