福山市で小太りを含む強盗犯計4人が現在も逃走中

福山市で強盗が相次いでおり、住宅や喫茶店で現金を奪った犯人が現在も逃走中だという。

3月29日未明、福山市松浜町の喫茶店で、3人組の男が男性従業員を取り囲んで店内に押し入り、現金約50万円が入ったカバンを奪った。当時、閉店作業中で男性従業員にケガはなかった。3人組の男は全員20代くらいで、犯行後、走って逃げたという。

3月27日には福山市明王台の住宅に、宅配業者を装った男が包丁のようなものを使って押し入った。男は60代の女性に「金を出せ」と脅し、金庫から現金数十万円や腕時計などを奪ったあと、女性の両手を縛り、逃走したという。女性にケガはなかった。逃げた男は30代くらいで、身長およそ160センチの小太り、作業着を着ていたという。

福山市内では先月にも宅配業者を装った男が現金を奪う強盗事件が起きていて、警察が注意を呼び掛けている。(HOME)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

すげーな、家のなかに数十万円置いてるんだなー

2020/04/01 (Wed) 13:43 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ