東広島市黒瀬町で住宅1棟が全焼 男性1人が意識不明の重体

3月29日午後、広島県東広島市で住宅1棟が全焼し、男性1人が意識不明の重体となっている。29日午後2時半すぎ、東広島市黒瀬町国近で住宅の2階から火が出ていると近くに住む人から消防に通報があった。消防車4台が消火にあたり、火はおよそ3時間後に消し止められたが、木造2階建ての住宅1棟が全焼した。

消防によると、この火事で男女3人が病院に搬送され、70代の男性が意識不明の重体になっていて、70代と40代の女性2人が軽いけがをしたという。

警察によると、この住宅には家族3人が住んでいて、けがをしたのはこの3人だと見られるという。警察と消防が詳しい火事の原因などを調べている。現場はJR東広島駅から南西におよそ8キロ離れた住宅や田んぼの点在する地域。(NHK広島)




東広島市黒瀬町 住宅火災

関連記事

スポンサーリンク

コメントをどうぞ