2020年広島フラワーフェスティバルが新型コロナの影響で中止

広島市で毎年ゴールデンウィークに開かるフラワーフェスティバルが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、今年は中止されることになったという。フラワーフェスティバルは、1977年に始まり、毎年5月3日〜5日に広島市の平和大通りをメイン会場に、パレードや広場、ステージイベントなどが展開されている。去年は3日間で170万人を超える人でにぎわった。

3月23日の実行委員会の会議で、新型コロナウイルスによる影響について話し合った結果、中止が決まったという。フラワーフェスティバルが中止されるのは初めてとなる。(RCC)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ