自民・河井克行氏が参院選公示前から細かく指示

自民党の河井案里参院議員(46)=広島選挙区=の陣営が、初当選した昨年7月の参院選で、車上運動員に違法報酬を支払ったとされる公選法違反事件で、夫で前法相の克行衆院議員(57)=自民広島3区=が選挙期間中、陣営スタッフに「期日前投票をお願いして」などと作戦を繰り返し指示していたという。指示は公示前から続いており、広島地検は克行氏が選挙戦を主導したとみて、違法報酬決定への関与も慎重に捜査している。

無料通信アプリ「LINE(ライン)」の陣営内のグループのやりとりによると、克行氏は選挙終盤の19年7月20日、投開票日に豪雨が予報されており、「投票率が上がらないと(支持基盤の少ない)河井あんりは不利」と指摘。スタッフらに「(豪雨前の)いまのうちに期日前投票をお願いしてください」と指示していた。

また公示前の6月には、克行氏がラインで秘書やスタッフに向け、「公示前の各地区『選対会議』開催日時を今日明日中に決めて報告してください」とも投稿。会議に参加した元陣営関係者によると、会議を主導したのは克行、案里両氏で、遊説ルートや集会場所、電話でのあいさつの方法など、選挙に向けた準備の詳細を地域ごとに決定したという。

ライン内では他にも「明日から3日間、毎日朝10時から夕刻5時半まで、事務所前で名刺配りをして」「(名刺の)用紙が固くてかさばり配りにくい」など、克行氏が詳細な指示や指摘を繰り返していた。

ある陣営関係者は「克行氏の指示がないと決められないことは多かった」と指摘。克行氏の政策秘書だった高谷真介容疑者(43)が実質的に事務を取り仕切っていたとし、「彼(高谷容疑者)が克行氏に報告していた」と語った。(産経)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

https://www.sankei.com/smp/affairs/news/200323/afr2003230017-s1.html

現金手渡し

2020/03/24 (Tue) 02:07 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ