世羅町の28歳職員がトナーカートリッジを40回盗んで転売&懲戒免職

世羅町の財政課に勤務していた28歳の職員が、業務用コピー機のトナーカートリッジをおよそ40回にわたって盗んだうえで、インターネットで売って不正に利益を得る行為を繰り返していたとして懲戒免職になった。懲戒免職となったのは世羅町の財政課に勤務していた28歳の主任主事。

町によると、この主任主事は去年夏から今月上旬にかけて、庁舎1階の印刷室に置かれた業務用コピー機のトナーカートリッジをおよそ40回にわたって盗んだうえでインターネットで売り、120万円の不正な利益を得ていたという。

トナーの減りが不自然なことに気付いた業者から連絡を受けて町が職員の出勤記録などを調べたところ、この主任主事が盗んでいたことがわかったという。町の聞き取りに対し、主任主事は不正を認め、「大変申し訳ないことをした。全額を弁済したい」などと話しているという。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ