三次の中国自動車道の高架に衝突した会社員が死亡

3月18日夜、三次市の県道でワンボックスカーが中国自動車道の高架に衝突し、運転していた会社員の男性が死亡した。18日午後10時半ごろ、三次市西酒屋町の県道三次インター線で、三次市十日市南の会社員・一本木英樹さん(50)が運転するワンボックスカーが、中国自動車道の高架に衝突した。事故の音を聞いた近所の人が119番通報し、一本木さんはすぐに病院に運ばれたが搬送先の病院で死亡した。

現場は左カーブを曲がった直後にある県道で、道路にはブレーキやスリップしたような痕跡がないことや車の損傷程度からスピードの出し過ぎで曲がり切れなかったような事故ではないという。警察は、一本木さんが何らかの原因で運転操作を誤ったとみて事故の経緯を調べている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ