大竹市の小瀬川で深夜の「修行サークル」6人のうち29歳会社員が死亡

3月15日未明、大竹市の川で20代の男性の行方が分からなくなり、その後、川の下流で遺体で発見された。15日午前1時すぎ、大竹市栗谷町の小瀬川を訪れていた東広島市西条中央の会社員、冨永翔二さん(29)が行方不明になったと、警察に通報があった。

警察と消防が捜索したところ、午前7時すぎ、行方不明になった場所から20メートルあまり下流で、男性が川底に沈んで死亡しているのが見つかり、冨永さんと確認された。

警察によると、冨永さんは深夜に男女5人と一緒に川を訪れていたということで、現場にいた人に話を聞いたところ「修行サークル」の仲間だと話しているという。警察は、遺体の状況を調べるとともに、一緒に川を訪れていた人から話を聞くなどして、男性が亡くなった詳しいいきさつを調べることにしている。(NHK広島)


川で流され男性死亡 「修行サークルの集まりで入水」

15日午前2時15分ごろ、広島県大竹市栗谷町大栗林の小瀬川で、同県東広島市西条中央7丁目の会社員冨永翔二さん(29)の姿が見えなくなったと110番通報があった。午前7時15分ごろ、現場から約25メートル下流の川底で発見され、間もなく死亡が確認された。

県警大竹署によると、冨永さんは男女6人で小瀬川を訪れており、メンバーは署に対し、「修行サークルの集まりで、修行のために入水した」と説明しているという。

当時、辺りは暗く、一行は川の中で立ったり座ったりしており、午前1時ごろ、冨永さんの姿が見えなくなったことに気付いたメンバーが付近をしばらく捜索し、110番通報したという。川幅は約25メートルで、冨永さんが発見された場所の水深は1.5メートルだった。同署は死因などを捜査している。(朝日)



大竹市栗谷町 小瀬川

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

修行サークルって
馬鹿の集まりなの?

2020/03/17 (Tue) 07:10 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ