元NHK青山祐子アナが8年ぶりTV出演

元NHKアナウンサーの青山祐子氏が3月13日、BS日テレの報道番組「深層NEWS」(月~金曜午後10時)に生出演し、8年ぶりのテレビ出演を果たしたという。青山氏は白いスーツ姿で出演。司会者から「8年ぶりのテレビ出演」と振られ「そうなってしまいましたね。子供を4人生みまして、上の子が8歳、下の子が3歳。男の子2人、女の子2人。香港に引っ越しましたので、なかなか日本に帰ることができませんでしたので」と第一声。「お呼びいただきありがとうございました」とブランクを感じさせずよどみなく話した。

現在4児の母で香港在住。WHOが「パンデミック」宣言を出した新型コロナウイルスが生活、教育、医療、経済など幅広い分野に深刻な影響を及ぼしていることについて、元キャスター、海外在住者、母親として、香港での生活を交えながらコメントした。

青山氏は95年にNHKに入局し「ニュースウォッチ9」「サンデースポーツ」のキャスターを務め、11年に一般男性と結婚。12年の第1子出産以降、7年にわたり産休・育休を取得して、4児の母となり、復帰することないまま19年3月に退局していた。

3月14日に東京国立博物館で予定された、日本文化を国内外に発信する「日本博」オープニングセレモニーの司会を務め、約8年ぶりに公の場に登場することが話題となっていたが、セレモニーが中止となっていた。(日刊スポーツ)

「NHKニュースウオッチ9」時代の青山祐子アナ「仕事も家庭も」



青山裕子アナ

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ