河井案里議員が広島県議選でも運動員買収

自民党の河井案里参院議員(46)=広島選挙区=の秘書ら3人が、昨夏の参院選を巡り車上運動員に違法報酬を支払ったとして公選法違反(買収)の疑いで逮捕された事件で、案里氏の運動員経験者が広島地検に対し、案里氏が広島県議として4回目の当選を果たした2015年4月の県議選でも、同様の報酬が支払われたと説明していることが3月10日、分かったという。

報酬の法定上限は日当1万5千円。昨夏の参院選で倍額の3万円が支払われた疑いがある。案里氏の夫克行前法相(56)=自民、衆院広島3区=の7回目の当選となった17年10月の衆院選でも、違法報酬疑惑が明らかになった。(共同)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ