廿日市女子高生殺害事件で犯人の男に無期懲役を求刑

2004年、廿日市市の住宅で、当時17歳の女子高校生をナイフで刺して殺害したとして、殺人などの罪に問われている36歳の男の裁判で、検察は「犯行の動機は身勝手で非常に悪質だ」として無期懲役を求刑した。一方、被告の弁護士は「反省し謝罪している」として刑を軽くするよう求め、すべての審理が終わった。

2004年10月、廿日市市の住宅で、この家に住む高校生の北口聡美さん(当時17歳)がナイフで刺されて殺害され、祖母も大けがをした事件では18年に別の暴行事件で警察に事情を聴かれていた山口県宇部市の元会社員鹿嶋学被告(36)がDNA鑑定などをもとに逮捕され、殺人や殺人未遂などの罪に問われている。

広島地方裁判所で開かれた3月10日の裁判員裁判で、検察は「わいせつ目的で侵入したものの、逃げられて思い通りにならなかったため、怒りで刺したという犯行の動機は身勝手で、その後、13年半にわたり逃亡して何食わぬ顔で過ごしてきた。殺人の中でも非常に悪質だ」と述べて、無期懲役を求刑した。

一方、被告の弁護士は「犯行は計画性に乏しく、被告は反省し謝罪している」として、刑を軽くするよう求めた。

また、10日は被害者の父親の北口忠さんが法廷に立ち、「娘の命は奪われたのに被告は生きている。死刑を望みます」と訴えた。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ