ついに広島で新型コロナウイルスの感染者を確認

広島県内で初めて新型コロナウイルスの感染が確認されたことが分かった。関係者によると、感染が確認されたのは広島市の男性で、広島市は3月7日にも記者会見を開いて、感染確認の経緯などについて説明する方針。

国内での感染拡大が続く新型コロナウイルス感染症で、広島県内で初の感染者が広島市内で確認されたことが3月7日、分かった。30代の自営業男性で、市内の病院で3月6日に陽性反応が出たという。

市は7日午前10時半から市対策本部の緊急の本部員会議を市役所で開催。終了後に松井一実市長が記者会見を開き、感染確認までの経緯などを説明する。

中国地方5県の在住者で感染が確認されたのは、3月4日公表された下関市の40代の会社員男性と、その妻、小学生の子ども1人、3月6日発表の倉敷市の60代の会社員男性―に続き5人目となる。(中国、RCC)


感染者は安佐南区在住

広島市の発表によると、感染が確認されたのは、広島市安佐南区在住の30代の男性(自営業)。男性は2月上旬に咳の症状があり、2月15日、16日、20日に医療機関を受診。その後、2月22日、28日には別の医療機関を受診したほか、3月3日にも別の医療機関を受診し、3月4日には、2月22日、28日に受診した医療機関で再度受診し、3月5日にはさらに別の医療機関を受診したところ、新型コロナウイルス感染の疑いがあるとして、検体を採取した。

そして、遺伝子検査の結果、3月6日になって「陽性」と判明し、7日から感染症指定医療機関(※舟入市民病院)に入院している。なお、男性本人の申告によると、発症前14日以内に海外への渡航歴はなく、発症後はマスクを着用していたという。

広島市は、今後の対応として、同居している家族や受診医療機関の従事者の行動歴を確認するとともに、この男性と接触した可能性のある人などを含め、調査を進めているという。また、この男性と濃厚接触の疑いがある人に対する健康観察やPCR検査を適切に実施していくとしている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 3件

コメントはまだありません
名無しさん  

土曜日、日曜日と連続受診したのは何故?
変だよ。

2020/03/08 (Sun) 12:30 | 編集 | 返信 |   
名無しさん  

何故医療機関は検査をしなかったのだろう

2020/03/07 (Sat) 23:18 | 編集 | 返信 |   
名無しさん  

ついに広島にきたか

2020/03/07 (Sat) 09:19 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ