Uターンしようとしたパトカーに軽自動車がぶつかる

3月5日午後5時55分ごろ、広島市西区横川町3丁目の国道183号で、広島西署地域課の巡査部長男性(40)が運転するパトカーと、西区の派遣社員女性(30)の軽乗用車が衝突した。広島西署によると、パトカーはJR横川駅前の交差点付近を西進中。後方の交通違反車両を追跡するためUターンしていた際、すぐ後ろを走っていた軽乗用車とぶつかった。赤色灯をつけ、サイレンを鳴らしていた。パトカーには同課の巡査男性(26)も乗っていた。3人ともけがはないという。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ