安芸太田町で住宅が全焼、家族5人が負傷

3月5日未明、安芸太田町で住宅1棟が全焼する火事があり、この家に住む60代の男性1人が大けがをして病院に搬送されるなど、家族あわせて5人がけがをした。5日午前1時すぎ、安芸太田町津浪の木造2階建ての住宅から火が出ていると近くの住民から消防に通報があった。

消防車4台で消火にあたり、火はおよそ6時間半後に消し止められたが住宅は全焼した。警察と消防によると、この家に住む片山澄夫さん(65)が顔などをやけどする大けがを負い、病院で手当てを受けているという。また、このほか一緒に住む娘と孫3人のあわせて4人がやけどや煙を吸うなどして病院に搬送されたが、いずれも命に別状はないという。

警察と消防が火事の原因を調べている。現場は、安芸太田町の中心部から10キロほど離れた中国自動車道が通る山あいで住宅が点在する地域。(NHK広島)



安芸太田町津浪 火事

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ