男女共用トイレの便器にスマホを仕掛けた工場従業員の男を逮捕

3月3日、佐伯署は広島市安佐南区山本7丁目、会社員古川智也容疑者(34)を建造物侵入の疑いで逮捕した。逮捕容疑は19年11月5日と同月23日、佐伯区利松の自身が勤務する工場内の男女共用トイレに侵入した疑い。同署によると、便器のふたの後ろにスマートフォンが仕掛けられているのを社員が発見。持ち主から古川容疑者が浮上した。同署は盗撮目的で侵入したとみている。(中国)
関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ