保護者「卒業式に出させろ!」新コロナウイルスも嫌がる広島県民性

3月2日、広島県廿日市市教委は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ目的で卒業式に保護者の出席を原則認めないと各校に出していた通知を撤回したという。保護者たちから反対の声が上がったため。卒業式を巡っても教育現場に混乱が生じているという。

市教委は2月28日、「保護者は行動範囲が広く、仮にウイルス感染が生徒に広がった場合に原因ルートが特定できない」などとして出席を認めない方針を決定。出席は、卒業生と教職員らに制限する通知を同日、各校へ伝えていた。

しかしその後、保護者たちから「なぜ親が子どもの旅立ちを一緒に祝えないのか」などと反対する電話が市教委などに相次いだ。このため、市教委は2日に再び協議。広島県内で感染者が出ていない状況を踏まえ、保護者に席を離して座ってもらうことで出席を認めることにした。

ただ、大規模校ではスペースが足りないため「保護者の出席を1世帯1人に制限する可能性がある」としている。マスク着用など感染防止策の徹底も促す。小6の娘を持つ50代の父親は「状況が二転三転している。もっとしっかり行政運営をしてほしい」と憤っていた。(中国)




3月2日 新コロナウイルス 全国分布図

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
ぷ  
 

広島からいまだにコロナ感染者がでていないのはどうみてもおかしい

2020/03/05 (Thu) 09:23 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ