神辺町アパート殺人事件で下請け会社の男を逮捕

福山市のアパートの一室で、近くに住む会社役員の男性が死亡しているのが見つかった殺人事件で、警察はこの部屋の住人で、男性の会社の下請け会社の男を死体遺棄の疑いで逮捕した。

この事件は、2月27日午前8時20分頃、福山市神辺町道上にある2階建てアパートの1室で、近くに住む会社役員の若嶋真一さん(45)が死亡しているのが見つかったもの。

警察は、遺体が見つかった部屋の住人で、若嶋さんの会社の下請け会社の土木作業員・北村善啓容疑者(56)が、事件発覚前日の午後6時以降に、若嶋さんの遺体を遺棄した疑いが強まったとして死体遺棄の疑いで逮捕した。北村容疑者は「分かりません。知りません」と否認しているという。

警察は北村容疑者が、若嶋さん殺害にも関与しているとみて、さらに事情を聞くことにしている。若嶋さんの死因は窒息死で、首にはひものようなもので絞められた痕があったという。(RCC)




北村善啓容疑者

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ