河井案里氏陣営の男性「96万円を受領した。違法との認識あった」

自民党の河井克行前法相(広島3区)の妻案里氏(参院広島)が支部長を務める自民党支部が19年7月の参院選で、複数の陣営関係者に公選法違反(買収)の疑いがある報酬を払っていた問題で、うち1人が広島地検の任意聴取に対し、金の受け取りを認める供述をしていることが2月29日、複数の関係者への取材で分かったという。

「合計で約96万円を受領した。違法との認識はあった」などと説明。克行氏から直接依頼を受け、「月70万円で」と金額の提示を受けていたという。

複数の関係者によると、受け取りを認めたのは会社員男性。案里氏が初当選した参院選広島選挙区(改選数2)の選挙期間中、企業などを回って支持拡大を図る活動をしていた。原則無報酬の選挙運動の対価として報酬のやりとりがあれば、渡した側と受け取った側の双方が買収罪に問われる可能性があり、地検は慎重に裏付けを進めている模様。

男性は19年6月上旬に克行氏から月70万円の対価で誘われ、案里氏の陣営に参画。6月中旬から投開票日前日の7月20日まで、企業や地方議員の訪問を担当した。

男性名義の銀行口座には6月28日~8月1日に計3回、案里氏が支部長の自民党広島県参議院選挙区第7支部の名義で計約86万円が入金されたほか、広島市内の事務所で6月上旬、陣営側から現金10万円を渡されたという。

男性は地検の聴取に「違法な報酬だった」と認め、「克行氏は当選7回のベテラン。報酬については適切に処理してくれると思っていた」と供述しているという。地検が2月中旬に男性の自宅を家宅捜索していたことも分かった。

この男性以外にも、少なくとも2人に月額約40万~約50万円が払われた疑いがある。地検が関係者の聴取をするなど捜査を進めているとみられる。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 2件

コメントはまだありません
名無しさん  

https://mainichi.jp/articles/20200303/k00/00m/040/031000c

秘書

2020/03/03 (Tue) 11:26 | 編集 | 返信 |   
名無しさん  

久しぶりの明るい話題。広島地検、中国新聞、がんばれ。

2020/03/01 (Sun) 09:57 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ