赤色灯パトカーと軽自動車が衝突

2月29日午後5時5分ごろ、広島市西区南観音6丁目の県道で、広島西署地域課の巡査長男性(25)が運転するパトカーと、西区の会社員女性(26)の軽乗用車が衝突した。2人のほか、パトカーに同課の巡査部長男性(39)が乗っていたが、3人ともけがはないという。

広島西署によると、パトカーは県道を北進。赤信号の交差点を通過しようとしたところ、青信号を東進中の軽乗用車とぶつかった。パトカーは国道2号西広島バイパスで起きた交通事故の現場に向かう途中。赤色灯をつけ、サイレンを鳴らしていたという。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ