広島市のLGBTが東広島市の公園のトイレで男子高校生にいかがわしい行為

2月27日、安佐南署は広島市東区光町1丁目、医療事務員須藤伸幸容疑者(27)を県青少年健全育成条例違反(淫行)の疑いで逮捕した。逮捕容疑は、19年12月13日午後8時ごろ、県内の男子高校生(16)が18歳未満と知りながら東広島市内の公園のトイレで、いかがわしい行為をした疑い。同署によると、2人は会員制交流サイト(SNS)を通じて知り合った。同署がサイバーパトロールで男子高校生を補導し、容疑が浮上した。(中国)
関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ