高槻市の運送会社で同僚を殺害した男が三原署に出頭

大阪府高槻市の運送会社で2月27日午後、男性が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された男は現場となった運送会社に勤務していたが、飲酒のトラブルなどが続き、事件前日に解雇されていたことが27日分かった。被害者とも面識はあり、大阪府警は詳しい動機などを調べる。

府警捜査1課によると、逮捕されたのは大阪府摂津市三島、無職松井保容疑者(34)。逮捕前には「殺すつもりはなかった」などと話していたという。

同課によると、松井容疑者は犯行後、自身のワゴン車で逃走したが、27日午後5時10分ごろ、現場から約240キロ離れた広島県警三原署(広島県三原市)に出頭した。

逮捕容疑は同日午後0時45分ごろ、運送会社敷地内で、同府茨木市白川の脇坂勇樹さん(40)の胸を包丁で複数回突き刺し、殺害したとしている。松井容疑者は同社の事務所に入り、1人でいた脇坂さんを外に引きずり出し、持ってきた包丁で刺したという。(産経)



高槻市の案内
人口 約35万人
たかつき土産 銘菓の「どらやき槻」


高槻市 三原市

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ