塩村参院議員が広島で核廃絶ディスカッション参加「核兵器禁止条約に反対する理由がわからない」

市民グループなどが、広島にゆかりのある国会議員に、核兵器禁止条約へのスタンスを聞くパネルディスカッションが広島市で開かれたという。会場には、自民党の寺田稔衆議院議員と、立憲民主党の塩村文夏参議院議員の与野党双方の国会議員が招かれた。

ディスカッションでは、ICANの川崎哲国際運営委員と、市民グループ「カクワカ広島」の共同代表を務める田中美穂さんが、2人の議員に、核兵器禁止条約へのスタンスを聞いた。

これに対し、自民党の寺田議員は、「核兵器禁止条約に戦争被爆国の日本が入ることが、核廃絶への大きな推進力になる」とする一方、「入るには、一定の条件が必要だ」という認識を示した。

立憲民主党の塩村議員は、「核兵器禁止条約については、反対する理由がわからない。どういう条件なら前に進むのか、与党に条約の意味をつきつけて動かしていくことが重要だ」と述べた。

「カクワカ広島」の田中美穂さんは、「国会議員と直接意見を交わすことで、核兵器の問題に関心を持ってもらう人が増えてほしい。今後もこうした取り組みを進めていきたい」と話していた。(NHK広島)




塩村文夏 寺田稔 カクワカ

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ