東雲で自転車に乗っていた男性が車にはねられ死亡

2月19日未明、広島市の市道で、自転車に乗っていた59歳の男性が後ろから走ってきた乗用車にはねられて死亡した。19日午前2時前、広島市南区東雲の市道で、南区向洋新町に住むアルバイトの小原靖彦さん(59)が自転車に乗っていた際、後ろから走ってきた乗用車にはねられた。小原さんは、病院に搬送されたが、頭などを強く打っていて、およそ1時間後に死亡が確認された。現場は、片側1車線の見通しのよいゆるやかなカーブで、警察によると、車を運転していた会社役員の38歳の男性は、外出先から帰宅途中で、「前を見てなかった」などと話しているという。警察が事故当時の状況を詳しく調べている。(NHK広島)




広島市南区東雲 死亡事故2

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ