SNSのアカウントを乗っ取った鈴鹿市の男を逮捕

元交際相手の会員制交流サイト(SNS)のアカウントを乗っ取り、みだらな投稿をしたとして、広島中央署と広島県警サイバー犯罪対策課は2月18日、三重県鈴鹿市白子駅前、アルバイト従業員前川未来広容疑者(25)を不正アクセス禁止法違反、私電磁的記録不正作出・同供用、名誉棄損の疑いで逮捕した。

逮捕容疑は2017年12月5日ごろから19年5月29日までの間、広島市内の元交際相手の女性(21)が使うSNSに、女性のIDとパスワードを使って不正にアクセスし、女性がSNS上で設定していたメールアドレスを無断で変更した上、女性になりすまして計42回、みだらな言葉などを投稿した疑い。

同署によると、「アカウントが乗っ取られた」と女性が18年5月に同署に相談。投稿の発信元を割り出すなどして前川容疑者の容疑が浮上した。(中国)
関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ