広島中央署現金盗難事件はすでに死亡した元捜査員警部補を書類送検して終結

広島中央署(広島市中区)で2017年に広域詐欺事件の証拠品8572万円が盗まれた事件で、盗難の発覚後に死亡した広島県警の脇本譲警部補=当時(36)=が犯行に関与していた疑いが強まったとして、県警は2月14日、脇本警部補を容疑者死亡のまま窃盗などの疑いで書類送検したという。

脇本警部補は、生前に受けた県警の事情聴取で関与を否定し、物証も見つかっていないが、県警は状況証拠を積み重ね、犯行に関与した疑いが強いと判断した。警察署から多額の現金が盗まれた前代未聞の事件の発覚から約2年9カ月。容疑者死亡で不起訴になる見通しで、長期間にわたった捜査は終結に向かう。

県警は17年2月に詐欺事件の関係先から約9千万円を押収。同署の会計課の金庫で保管していたが、このうち8572万円が盗まれているのが同年5月8日夜に発覚した。

捜査関係者によると、脇本警部補は同年3月まで同署に勤務し、詐欺事件の捜査に関わりがあったほか、押収された多額の現金の存在も知っていた。同僚たちに数千万円の借金をしていたほか、同年3月下旬以降、競馬や借金返済に多額の現金を使い込んでいたことが判明し、早い段階で捜査線上に浮上した。

県警は脇本警部補の当時の自宅などを家宅捜索し、任意で事情聴取を重ねたが、脇本警部補は窃盗への関与を否定。関与を裏付ける具体的な証拠も見つからなかった。同年9月には脇本警部補が家で死亡しているのが見つかった。自殺ではなかったという。

県警は脇本警部補のほかにも、詐欺事件の捜査に関わった署員や同署会計課の職員、OBたち約600人に聞き取り、金融機関の口座を中心に約6万件の照会をして金銭の出入りも調べた。捜査関係者によると、これらの捜査対象者を調べた結果、脇本警部補以外に関与の疑いが強い人物はいなかったという。

県警はこうした状況に加え、動機面の事情や口座の出入金の状況など、さまざまな状況証拠を積み重ねることで、脇本警部補の容疑が裏付けられたと判断。容疑者死亡のまま書類送検する方向で関係機関と調整し、詰めの捜査を進めていた。

県警は幹部や職員の互助組織、退職者組織から8572万円を集めており、穴埋めに充てる方針でいる。同署長や、金庫の管理責任者だった同署会計課長(当時)ら7人の処分も済ませている。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ