東広島市志和町で住宅が全焼 1人の遺体が見つかる

2月13日未明、東広島市で住宅などが全焼する火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかった。13日午前0時ごろ、東広島市志和町奥屋の岩本誠一さん(75)の住宅が燃えていると付近の住人から通報が相次いだ。消防車6台が出動し、火はおよそ5時間半後に消し止められたが、木造平屋建ての母屋と2階建ての離れが全焼し、離れの焼け跡から1人の遺体が発見された。警察によると、この家に1人で住む岩本さん(75)と連絡が取れていないということで、身元確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。(HOME)




東広島市志和 火事

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ