府中市の県道24号で男性がはねられ死亡

2月10日夜、府中市の県道で、道路を横断していた高齢の男性が普通乗用車にはねられ、死亡する事故があった。10日午後11時半ごろ、府中市河佐町の県道24号線で、20代の地方公務員の男性が運転する普通乗用車が道路を横断していた男性をはねた。この事故で、近くに住むアルバイト・橋本睦隆さんが病院に搬送されたがその後、死亡が確認された。

警察によると事故当時、車は福山方面から北に進んでいて、橋本さんは横断歩道のない場所を渡っていたという。現場は片側1車線の見通しの良い直線道路で、警察は運転手から話を聴くなどして事故の原因を調べている。これで今年に入り、県内の交通事故による死者は12人となった。(TSS)




府中市河佐町 人身事故

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ