レンタカーで故意にぶつけた車の修理代詐欺3人組

2月6日、安佐南署は広島市安佐北区口田南1丁目、建設業香川幸輝容疑者(22)を詐欺の疑いで逮捕した。逮捕容疑は南区翠4丁目、自営業高見隼人(26)、安佐北区深川7丁目、会社員加集貴志(22)の両容疑者=詐欺容疑で送検=と共謀。2018年8月、加集容疑者が安佐北区のスーパー駐車場でレンタカーを運転し、香川容疑者の乗用車に故意に衝突させたのに、レンタカー会社の保険会社に香川容疑者の車の修理代などを請求し、計71万8686円を詐取した疑い。同署によると、香川容疑者の車は当時、高見容疑者が使っていた。香川、加集の両容疑者は容疑を認め、高見容疑者は「全て違います。保険金のことも知りません」と供述しているという。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ