福山の民家で現金3000万円強盗

2月6日午後、福山市の民家に男が押し入り、現金を奪う事件があった。事件があったのは、福山市坪生町の民家。警察によると、6日午後1時ごろ、カッターナイフを持った男が民家に押し入り、現金を奪って逃走したという。

被害者の50代の女性が「強盗に入られ、お金を取られた」と近くの駐在所へ通報した。女性は警察に対し「現金3000万円を取られた」と話しているという。

男は20代ぐらいで、身長はおよそ170センチ、青色のジャンパーにジーパン、黒色のスニーカーをはき、紺色のリュックサックを背負っていたという。警察は、強盗事件として男の行方を追っている。(RCC)



福山市坪生町 強盗事件

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ