府中町教委社会教育課長さんが飲酒運転で現行犯逮捕

2月5日朝早く、広島市の県道で、府中町職員の男が酒を飲んで車を運転したとして現行犯逮捕された。酒気帯び運転で現行犯逮捕されたのは、府中町教育委員会社会教育課長・山下賢二容疑者(53)。警察によると、5日午前5時45分ごろ、広島市西区田方の交差点で山下容疑者が運転する車が赤信号で止まっていた車に追突した。現場に駆け付けた警察が山下容疑者を調べたところ、基準値を超えるアルコールが検出されたため、その場で現行犯逮捕した。追突された車の40代男性は、軽傷の見込みだという。調べに対し山下容疑者は「お酒が抜けていると思っていました」と容疑を否認している。(TSS)
関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ