草津南の線路内にうずくまっていた男性と路面電車が衝突

2月1日夜、広島市西区の線路内で路面電車と高齢の男性が衝突する事故があり、男性は搬送先の病院で死亡した。事故があったのは、広島市西区草津南にある広島電鉄宮島線。警察によると、1日午後9時45分ごろ、広島電鉄宮島線の路面電車が、線路内にうずくまっている高齢の男性と衝突した。

男性は救助され、当初は意識がある状態で廿日市市内の病院に搬送されたが、その後死亡が確認された。死亡したのは近くに住む吉岡隆司さん(81)で、電車には当時、乗客約40人が乗っていたが、ケガ人はいなかった。

事故当時、吉岡さんは酒を飲んだ状態だったということで、線路を横断しようとして何らかの理由で倒れたものとみて、警察が詳しい事故の原因を調べている。(TSS)



広島電鉄宮島線 人身事故

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ