2019年の転出超過は広島県が最多、魅力がないのが原因か

総務省が1月31日に公表した外国人を含む2019年の人口移動報告によると、東京圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)は、転入者が転出者を14万8783人上回る「転入超過」だったという。前年より8,915人多く、増加は3年連続となり、一極集中が加速している。

都道府県別では39道府県が人口流出に当たる「転出超過」となり、うち8,018人の広島県が最多となった。地方移住などを後押しする政府の地方創生は奏功していないという。

東京圏への転入者は54万140人で、転出者は39万1357人。転入超過は1996年24年連続。14年以降は外国人も含める。15~29歳の流入が多く、総務省の担当者は「高水準の教育や、好待遇の求人を求める若者が吸い寄せられている」と分析した。

転出超過のうち、人数の最多は広島の8,018人。茨木の7,495人、長崎の7,309人が続いた。交通利便性の低い条件不利地域を抱えていたり、基幹産業が不振だったりするのが人口流出の要因だという。(中国)


2019年の転入超過ベスト5
1位 東 京 82,982人(79,844)
2位 神奈川 29,609人(23,483)
3位 埼 玉 26,654人(24,652)
4位 千 葉 9,538人(11,889)
5位 福 岡 2,925人(2,889)

2019年の転出超過ベスト5
1位 広 島 ▲8,018人(▲6,057)
2位 茨 木 ▲7,495人(▲7,744)
3位 長 崎 ▲7,309人(▲6,666)
4位 新 潟 ▲7,225人(▲6,901)
5位 福 島 ▲6,785人(▲7,421)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

人少ないのに無駄にマンションばかり建てちゃって(笑)
地盤弱いのに、沈下すんで~

2020/02/01 (Sat) 15:09 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ