日本製鉄呉製鉄所を全面閉鎖へ

大手鉄鋼メーカーの「日本製鉄」は、広島県の呉製鉄所の高炉を数年以内に休止する方針を固めた。合わせて呉製鉄所を閉鎖する方向で地元との調整に入ることにしており、生産体制を縮小して収益力の強化を図りたい考え。

関係者によると、日本製鉄は子会社の「日鉄日新製鋼」が持つ、広島県呉市の「呉製鉄所」の2基の高炉を数年以内に休止する方針。あわせて呉製鉄所を閉鎖する方向で、地元との調整に入ることにしている。閉鎖する場合、およそ1000人の従業員については、配置転換も含めて検討することにしている。

国内の鉄鋼需要の拡大が今後見込めない中、日本製鉄は国内の製鉄所の再編を進めていてグループ全体で16ある生産拠点を、20年4月以降、6つに集約することをすでに明らかにしている。これに加えて、グループの中でも規模の小さい製鉄所の高炉の休止によって生産体制を縮小し、収益力の強化につなげたい考え。

鉄鋼業界は、国内の鉄鋼需要が減少し生産能力が過剰になっている上、原材料価格が高止まりするなど、経営環境は厳しさを増している。収益力の強化は業界全体が直面する共通の課題となっており、生産体制の縮小の動きが他のメーカーにも波及する可能性もある。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ