深夜の路上で会社員から財布を強奪した解体業の男を逮捕

1月29日夜、広島市中区の路上で、男性から財布を無理やり奪ったとして、広島市安佐南区長束の自称・解体業川﨑亮容疑者(25)が、強盗の疑いで逮捕された。29日午後11時15分ごろ、中区橋本町の路上で25歳の男性会社員を押し倒し、上着のポケットから現金およそ6500円などが入った財布を奪って逃走した疑い。警察は現場付近にいた車のナンバーなどから川﨑容疑者を特定し逮捕した。警察は車を運転していた男の関与も調べている。(広島テレビ)




川﨑亮容疑者

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ